らーどんの精神疾患闘病日記、日常ブログ

自分の体調(精神疾患持ち)と向き合っています。野球観戦が生きがいの人

退院から1年が経ちました〜!

みなさんこんにちは!

 

らーどんです!

 

今日もよろしくお願いします!

 

 

今回は…

タイトルにもありますが…

 

この度、退院から1年が経ちました〜!👏👏

 

 

ということで今回は、退院から1年が経ったので、この1年間のお話と

 

「1年頑張ったね〜!」

のような感じで、読者のみなさんに

 

「もしよければ褒めてもらおう🥺」

 

という風に思っています😂

(自己中失礼します笑)

 

 

まず、そもそも何故僕がここまで喜んでいるのかといいますと…

 

今まで精神的にしんどくなってからの入院で

退院してから1年間丸々また再入院せずに過ごしたのが初めてだからです!😂

 

僕自身、精神科入院経験が今まで3回あるのですが

 

1回目退院(22年1月末)から

2回目入院(22年4月中旬)の間 約3ヶ月

 

2回目退院(22年6月末)から

3回目入院(23年4月末)の間 約10ヶ月

 

このように今まで退院から1年を家で過ごしたことがなかったです

 

 

そして、3回目退院が

2023年7月3日…

 

今日は2024年7月3日なので、今日でちょうど

 

「退院から1年!」

 

が経ったことになります!笑

 

まさに、“三度目の正直”達成です!😂

 

 

思い返せばこの1年、自分が入院するきっかけになった主な病気(強迫性障害)

 

の症状は、比較的落ち着いた状態でこの1年間推移してきました

 

ただその分、自分が一番苦しんできた症状が落ち着いたことによって

 

 

自分のことで精一杯といった時期から抜け出し

 

徐々に自分の身の回りのこと、身の回りの人がどういう動き、生活をしているかが素直に認識できるようになりました

 

 

ただそれにより、今自分が置かれている状況に気づき始め

 

自分の将来のことに対する不安に襲われる日々が多かったです

 

 

「自分と同世代の子たちは今ごろ大学受験や就職の為に必死に頑張っている…」

 

 

そういう思いがことあるごとに自分の頭の中によぎり

 

つい自分の現状と比較してしまい

 

 

結果ひとぐ落ち込む……

 

 

そんな不安との闘う日々………

 

 

このような不安は正直な所今も続いています

 

 

以前、この思いを主治医の先生に相談したとき

 

 

「それはまだ健康的な悩みだよ」

 

と言われました

 

 

先生曰く、強迫性障害は誰しもが抱える悩みではない

 

でも将来の悩みは誰しもが抱えうる悩みだから

 

少しずつ一般の人に近づいているよ

 

というニュアンスの言葉でした

 

 

そう言われて、もちろん将来の悩みが消えた訳ではありません

 

ただ、悩みに対する考え方は少し変わったのかなと思います

 

 

ここまで長々と書きましたが(笑)まとめると…

 

 

今までと違う不安や悩みに向き合う時間が長かったですが

 

無事に退院から1年家で過ごすことができました!

 

といった感じです笑笑

 

 

もしよければコメント、いいねなどでお褒めのリアクションいただければ泣いて喜びます!😂

 

なのでよろしくお願いします🙇

 

 

今回は、退院から1年間の報告を中心にお話させていただきました

 

この報告を、来年は「退院から2年」に伸ばせるように頑張ります!💪

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

次の投稿もお楽しみに〜